そしてまたカメオ、、、

blog.no 85

本当に爽やかな季節です晴れ 晴れ 晴れ

今の時期、「5月病」という言葉を時々耳にするけれど・・・

9月始まりの海外では、10月病というのが存在するのかしら・・・とふと思ったりしますふらふら

何れにしても、もう少し頑張ればきっといつの間にか新しい環境にも慣れて、それが当たり前になる日が来るはず・・・るんるん (音符)

いま「ちょっとしんどいな」と思っていらっしゃる方、なにか小さなことでもいいからひとつでも楽しみを見つけて乗り越えましょうねわーい (嬉しい顔)

さて、前回に引き続き、カメオについてまた触れてみたいと思いますほっとした顔

まず、カメオってどこでどんな風に作られているか。。。ご存知ですか?

そもそもカメオにはシェルカメオとストーンカメオが存在しますウィンク

私がここでお話したいのはそのうちの前者、シェルカメオについてです黒ハート

現在ほとんどのシェルカメオは、イタリア南部のトーレ・デル・グレコという港町でつくられています。

そのシェアは世界の95%以上だと言われていますうれしい顔

もう町そのものがまさに「カメオの町」としてその名を世界に轟かせていて、町をあげてカメオのアーティストや職人達を育て、保護しているのですハートたち (複数ハート)

そして、現在シェルカメオの原貝として多く用いられているのは、「サルドニクス」という表面が白い貝と、「コーネリアン」という橙色をした貝です。

20140514-173312.jpg

シェルカメオとして使える貝と呼ばれるまでには、厳しいチェックがあります考えてる顔

貝自体がある程度厚くないと、彫刻するには耐えられません冷や汗 (顔)また、層によって微妙な色の違いがあるものの方が美しいとされています黒ハート

つまり、いろいろな基準を満たす貝というのはほんの一握りということになりますぴかぴか (新しい)

その厳しい品質チェックを通った貝は、まず1年という間、乾燥させられます晴れ
そして、カットされます美容院 (鋏)

その後、さらに厳選され、それぞれの貝の特徴(凹凸や色のコントラストなど)を生かした形、例えば、四角形、長方形、ラウンド型、オーバル型、に細かくカットされ、ようやく彫刻のステップに運ばれるわけですほっとした顔

20140517-155239.jpg

彫刻を施される際、貝は松ヤニでスティックにしっかりと固定されます↑

そして、大概、ひとつの作品にかかりきって仕上げて次の作品に行く、というよりも、一度に複数の作品を手掛けて少しずつそれぞれを順番に仕上げていくという手法で行程は進んでいきますぴかぴか (新しい)

カメオアーティスト達は、専門の学校で技術を磨き、カメオの町でお互い切磋琢磨し合い伝統と確かな技術をまもり合い、そしてさらに腕を上げていく・・・・プロ中のプロの芸術家なのですハートたち (複数ハート)

そんなアーティスト達が、ひとつひとつ貝を選び、形や色の特徴を生かし、人物や植物、動物や風景などそれぞれのモティーフを時間をかけて描き出し彫り上げてていく・・・ぴかぴか (新しい) ぴかぴか (新しい) ぴかぴか (新しい)

前回のブログでカメオにはカメオの数だけストーリーがある、とお話しましたが、そのモティーフから見えてくる表面的なストーリーだけでなく、もっと奥にあるカメオの歴史や伝統、そしてそのカメオに関わったすべての人たちの愛情や思い、願いや祈りまでも込められているのがカメオなのです揺れるハート

そんな確かなバックグラウンドがあるからこそ、ヨーロッパなどでは、カメオに魅せられた熱狂的なコレクターが存在したり、何代も何代も受け継がれていくような宝物として位置づけられているのですハートたち (複数ハート) ハートたち (複数ハート)

さて、今日のお話はここまで・・・

でも、またカメオのお話は続きますほっとした顔

お楽しみに揺れるハート

商品・イベントのお問い合わせは、Fun Empireまでメールでのお問い合わせまたはお電話でも(03-6418-7933)お伺い致しますのでお気軽にご連絡くださいませ。

Fun Empire ONLINE STORE  http://store-funempire.com

Fun Empire Facebookページ  http://www.facebook.com/pages/Fun-Empire/399078433488333